Menu Language

知覚過敏について

知覚過敏の原因

知覚過敏は、歯の象牙質の露出が原因

知覚過敏は、歯のエナメル質の内側にある「象牙質」と呼ばれる歯のやわらかい部分の露出が原因で起こります。

健康な歯の表面はエナメル質で覆われ、外側からの刺激を遮断する役割を果たしています。このエナメル質がはがれたり、歯周病や加齢で歯グキが下がったりして象牙質が露出すると、象牙細管という細い管を通じて歯髄に直接刺激が伝わるようになり、シミる不快感や瞬間的な激痛を引き起こします。

生活の中に潜んでいる、知覚過敏の原因をいくつかご紹介します。

知覚過敏の原因

*イメージ

無理なブラッシング

ハミガキの回数が多すぎたり、力を入れすぎたり、また毛先が硬いハブラシを使ったりすると、歯の表面のエナメル質を削り取ってしまう可能性があります。また歯グキが下がる原因にもなり、象牙質の露出が進む場合もあります。 

歯周病

歯周病により歯周組織が炎症を起こし、歯グキが退縮して象牙質の表面が露出すると、知覚過敏を引き起こすことがあります。

歯ぎしり

睡眠中に歯ぎしりをしたり、頻繁に歯を噛みしめていたりすると、歯の表面のエナメル質がはがれ、その下にある象牙質が露出する場合があります。 

歯グキ後退

歯周病による歯グキの後退の他にも、ハミガキの回数が多すぎたり、力を入れすぎたりすると、歯グキが下がったり後退する場合もあります。

詳細はこちら:自分の歯を理解する

 歯周病(歯肉炎、歯周炎の総称)